So-net無料ブログ作成

詩人 柴田トヨ [雑感]

   2月27日(水)
   今日は歯科受診予約していました。
   先客3人も居たので、
     待ち時間に雑誌に目をやると・・・この方がおりました。
   
     90才を越えてから詩作を初め、98才で初の詩集

     「くじけないで」を  出版した 柴田 トヨさん

     DSCN5895.jpg

       初出版
     DSCN5894.jpg

                 「くじけないで」

          ねえ不幸だなんて ため息を つかないで

          日射しや そよ風は えこひいきしない

              夢は 平等に 見られるのよ

          私 辛いことが あったけれど 生きていて良かった

                 あなたも くじけずに
              ;;;;;;;;;;;;;;;;
                
               「貯金・・・平成20年11月」

          私は、人から 優しさを貰ったら 心に貯金をしておくの

          さみしくなった時は それを引き出して元気になる

          あなたも、今から 積んでおきなさい
                     年金より 良いわよ

  

    98歳で詩人デビュー、「人生何時だって此れから」を 身を以て教えて
        くれた。20日老衰のため亡くなった。享年101歳

    何時迄もみずみずしい感性で、思いやりの有る言葉を届けてくれたトヨさん

    最期まで母として女として過ごしたトヨさんを励まし続けた息子健一さん。

          :::::::::::::::::::::
     皆様に  柴田トヨ

       お迎えが何回か来たけれど 口実を作って、お断りしてきたの

           でも、私も101歳 次は無理かも知れない

       私のお葬式、沢山の人が来てくれるから、その時は悲しまないで

           トヨさん頑張ったねって、声をかけて下さい。

       その言葉を励みに、天国でも しっかり暮らしてゆきます。

       皆様のご多幸を日差しとなり、そよ風になって 応援します。

           今迄有り難うございました。
                 倅夫婦をよろしくおねがいします。

       


       此処まで読み耽っていた時。。。名前を呼ばれて![どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)][どんっ(衝撃)]

       診察台に飛び乗り頭の中は柴田トヨさんの事でいっぱいでした。

       終わったとき〜咽せて〜喉がおかしくなり・・・
       看護士さんに「大丈夫ですか?」と云われてしまいました。

       涙がポロポロでてきて自分を何処かへ忘れていたのです。

       我に返り「すみません!」
       違う世界にいましたので・・・と、云って〜〜〜爆笑でした。


         ************************
  
                 八千草薫主演で映画化

         
       今年1月に101歳で亡くなった詩人の柴田トヨさんの半生が、

       映画化決定。  試作を進めた一人息子の健一さん役で
           武田鉄矢 さんも出演。  13年秋公開予定。

        私・・・
           感激して 泣いてばかり居ないで〜
           くじけないで 生きていきたいと思います〜[手(パー)][手(パー)][手(パー)]

        

nice!(57)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌の空 [雑感]

     2月26日ダンスとカラオケに誘われた!気が進まない!。
     返事に苦しみながら床の中で考え抜いた結果。。。

     詩吟部の例会を決断した。身体1つでどちらかを選ぶのは難しい・・・

     私が断った後それぞれ都合が就かなくなり取り止めに成ったとか。

     先ずはめでたしめでたし〜〜〜で、解決したそうな。

     札幌の空は晴れています。昨夜の雪で歩くところがなく
                      車道を歩いたのですが・・・

     午後は素晴らしい・・・空が綺麗でした〜〜〜[晴れ][晴れ][晴れ]
     DSCN5884.jpg
     区役所の付近です〜
     DSCN5885.jpg

     DSCN5886.jpg

     DSCN5887.jpg

     DSCN5888.jpg

     DSCN5889.jpg

     DSCN5890.jpg
     今日の例会は「独吟」です。その月に習った吟を独りで吟ずる日。
     DSCN5725.jpg
     詩吟でそれぞれは・・・腹筋を使って声を出し気分爽快の様子。。。
     DSCN5882.jpg
     帰途〜 お買い物がしたくなりました〜〜〜
     DSCN5873.jpg
     早速〜〜〜頂きました。
     DSCN5891.jpg
     暖かく(どろっと)した、コーンが疲れた喉を癒してくれました〜
     DSCN5892.jpg
     
         今日の選択は〜間違っていなかった。[手(チョキ)][手(チョキ)]

     一人の人は前歯は折れて歯医者へ飛び込んだそうです。

     もう一人の人は、除雪車が故障して・・・直さないと成らなくなり〜

               大騒動に成ったそうな・・・

     結果は以上の通り・・・春に成って落ち着いたら又お会いしましょう〜

     と、云う、[電話][携帯電話][電話][携帯電話] 電話が〜行ったり〜来たりの〜賑やかさ。。。

      そうそう〜除雪車の方は、修理の業者が持って行ったとか!?・・・

        [手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]「一件落着!!」[るんるん][ふらふら][ぴかぴか(新しい)]大変な一日でした〜[手(パー)][手(パー)][手(パー)]
     

nice!(58)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

晴天の朝…  [雑感]

     2月25日(月)晴れ   [雪]昨日の空は何処へ行ったのでしょう・・・

     気持ちの良い青空です。ご覧下さい!凄い雪が両側に積まれてます。

     DSCN5855.jpg
     片側が片付いていますね・・・
     DSCN5857.jpg 
     駐車場も綺麗に除雪されています。
     DSCN5856.jpg
     昨日の日曜日片付けたのでしょうか?・・・
     DSCN5858.jpg
     此処は大きい道路ではないのですが,大きい道路のように・・・

     広々としていて気持ちの良い朝です。
     DSCN5859.jpg
     
     今日は・・・何の日〜?    個人的なことで・・・すみません!!!

     実は〜私が北海道で、第1児を儲けた・・・長男〜誕生の日なのです。

     何年前になるのでしょう・・・今から・・・数えることも出来ない程・・・

     ああ〜そうそう!!! 昭和37年です(1962年)寅年産まれ

     体重2、880kg   身長50、5cm  胸囲31、5cm
        28日目・・・3、938kg     順調に育ってくれました。

   満3ヶ月前後の検診では6、700kg   身長6、2cm

        母乳だけで、十分足りていました・・・余って困るときもありましたが・・・

     いまおいくつでしょうか?まあそれは良いのですが〜後10年経たないのに
   還暦を迎えるそうです・・・ショックですね ̄私が〜ついこの間還暦を迎えた
   ばかりだと・・・思っていたら〜〜〜我が子が還暦を迎えるのですって。

   孫も24才女子ですが・・・???此ばかりは〜〜〜解答無し。。。

   お仕事が面白そうなので〜〜〜まあ〜良いとしましょう、、、

   一番心配なのは私自身のことでしょうか?‥・・・

   子供に心配かけず何時までも笑っているというわけにも行かないでしょう〜

   でも・・・そろそろ・・・外遊・・・???の手続きも必要になってきます〜〜〜(笑)
   笑っている場合じゃあ〜ないのでしょうが・・・笑うよりしょうがない!

   後のことは宜しくね〜〜〜私はその時は何も申しませんから。。。

   こんな独り言はしょっちゅうです。ウッフッフッフフ・・・
     今日もまた呟きながら長男の誕生日をお祝いしましょう・・・[手(パー)][手(パー)][手(パー)]
   






nice!(55)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お雛様 [雑感]

                いよいよお雛様〜 
     母がいて〜。。。私は未だ3歳くらいだったのでしょうか・・・
     姉の7段飾りのお雛様の前で〜
     私を膝に乗せて話してくれたことを・・・今でもはっきり覚えています。

     飾るときは父も祖父も総動員だった・・・畳の八畳間が天井まで・・・

     あの立派な雛壇飾りのお雛様は・・・もう何処にもない!写真もない!
           でも〜私は、はっきり覚えています。
     DSCN5847.jpg
     私は三女・・一番上の姉は、9歳年上・・・今も健在です〜[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]

       二番目の姉とは4歳違い・・・私は〜〜〜みそっかす。。。

     末っ子の私は小学校から帰ってくると母を捜します〜〜〜
      母が一番でした!  そして父に叱られていました〜[ふらふら][ふらふら][ふらふら]

             お歌を歌ってくましたね〜♪

  (1)灯りをつけましょ ぼんぼりに♪ お花を上げましょ 桃の花・・・

       五人ばやしの 笛太鼓♪ 今日は楽しい ひなまつり♪♪


  (2)おないり様と おひな様 ふたり並んで すまし顔

     お嫁にいらした姉さんと よく似た官女の 白い顔

     DSCN5553.jpg

     DSCN5551.jpg

     DSCN5552.jpg
     初めての女の子が産まれて・・・
         初節句に母の実家からお雛様が届いたのだそうです。

     次の姉の時は〜〜父が買ってきたのだそうです。
     
     そして・・・私には・・・と聞くと、ガラスの箱に入った、和服を着て
     いて、伊豆の踊り子のようなお人形さんでした。。。

     その様なのでも〜私のだと聞くと嬉しかったのです〜
     私のためにたった1つのお雛様があることに・・・子供心に大満足でした!

     DSCN5809.jpg

  (3)  金のびょうぶに うつる灯を かすかにゆする 春の風 ♪

       すこし白酒 めされたか あかいお顔の 右大臣  

  (4)  着物を着替えて 帯しめて 今日はわたしも 晴れ姿

       春のやよいの このよき日 なによりうれしい ひなまつり♪♪

     こうして・・・お雛様の日・・・お祝いしてくれましたね。。。。

    
     ひなまつりの歌を口ずさんでいたら・・・・センチメンタルな私が・・・
     
     切ない幼少時代に思いを馳せ・・・温かい涙が頬を伝わるのです[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

     ああ〜〜〜懐かしい〜〜〜
               起きていながら夢を見ていたようです〜

      たった 1人の世界に〜どっぷり浸かって、〜  (回想)

       安らぎのひと時を。。。泣きながら〜〜〜[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]・・・

     繰り返し・・・繰り返し・・・歌いながら〜♪♪今日の私はおセンチ。。。

       大昔の 想い出の世界へ・・・迷い込んでいました・・・[手(パー)][手(パー)][手(パー)]



nice!(60)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

健康づくりフェステイバル [雑感]

友人から・・・[電話][電話][電話]電話〜〜〜です!
お誘いです!

それでは〜〜という事で、行って参りました・・・
DSCN5728.jpg
健康講座
「知っていますか?加齢に伴う目の病気」

年令とともに心配になってくる病気!?
DSCN5735.jpg

音楽療法
「音‥音楽の楽しみ」
DSCN5833.jpg

座って出来るストレッチ
専門学校北海道体育大学校(初参加)
DSCN5822.jpg

「食欲を高める食卓の工夫〜目から美味しく」
天使大学
DSCN5781.jpg

DSCN5788.jpg

DSCN5796.jpg

DSCN5836.jpg

DSCN5825.jpg

主催は。。。
東区健康づくり連絡協議会、天使大学、札幌大谷大学、
専門学校北海道体育大学校(各校から学生さんが参加・・・)

有意義な講話を〜〜〜
「自分の健康は自分で」「心と体の健康」
*2つのスローガンで活動しています。


大学生は、お話が〜お上手で〜何時も優しく〜にこやかに・・・

嬉しい一日でした![手(パー)][手(パー)][手(パー)]







     

nice!(60)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お食事 [雑感]

     お笑いあれ!!!小樽まで行って〜優雅なお食事はお預けでした〜

     漸くわが家が見えてきて〜〜〜
             お腹の空いていることに気付いた次第です〜

     何か!?食べて帰ろうよ・・・そう云ったのは?・・・一同でした〜(笑)

     DSCN5838.jpg

     DSCN5840.jpg

     DSCN5841.jpg
     私は暖かい方が良い。。。と云って・・・煮込みのお蕎麦を〜・・・
     DSCN5839.jpg
     何時までも・・・安心したのか!?・・・もう〜どうでも良くなっています!
     DSCN5842.jpg

     わが家の前まで来て・・・わが家の食堂で食べる雰囲気・・・[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]
  
     長い一日の最後は家の近くまで来ての夕食でした〜〜〜[レストラン][喫茶店](笑)
     誰もお腰を上げようとせず・・・どっぷりと座り込み・・・
              一行は(*^_^*)〜動こうと致しません![ふらふら][ふらふら][ふらふら]

     * 来年のこと云うと〜鬼が嗤いますか〜?・・・
     * ・・・どこかで〜皆様とお会いできますように〜期待しています

      雪あかりの旅は・・・こうして無事終了したのでした〜 
                   有り難うございました・・・[手(パー)][手(パー)][手(パー)]



nice!(61)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小樽雪あかりの路(5)「小樽駅」 [雑感]

     16日〜夕暮れ迫って参りました〜。いよいよ帰途へ。。。

     小樽の駅をこうしてみるのも 久し振りです〜[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]

     良くこの駅前に駐車して〜お買い物したのでした〜〜〜(回想)

     駐車場が狭く〜良く待たされたのです。。。
     DSCN5704.jpg

     DSCN5705.jpg
  この「むかい鐘」は〜〜〜

   明治から1965年(昭和40年)頃まで列車到着の予報として打ち鳴らした

      上りの到達には、二打、下りの列車には三打 と、決め・・・
         鐘を鳴らした後・・・十数分で列車が到着した。

     人々は、いっぱいの荷物を担いでホームへ急ぎ
                   出迎えの人や行商人で活気に満ち

     旅のすべては、この鐘の音を聞くことから始まった。

     この「むかい鐘」は、鉄道が人と人の心を結びつけることを願って
             再び、呼び戻されたものである。

     第45代 小樽駅長 斉藤弘文 小樽ロータリークラブ
        協力。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
     DSCN5707.jpg

     DSCN5708.jpg
        此が上記の通りです・・・[バッド(下向き矢印)]
     DSCN5709.jpg
     小樽の駅に入ると・・・此処にも「小樽雪あかりの路」
     DSCN5711.jpg
     ホームを出ると・・・間に合わず〜30分ほど待ち時間が有りました。
     DSCN5720.jpg
     ホームにも・・・灯りが点っています〜〜〜
     DSCN5721.jpg
     ホームから山を眺め日の暮れない5時過ぎの小樽を肌で感じながら〜
     DSCN5722.jpg
     間もなく到着する列車を待っていたのです〜
     DSCN5724.jpg
     札幌駅に到着。地下鉄に乗り換えて、我が家へと〜〜〜
     DSCN5546.jpg
     厳寒の吹雪いた一日はきっと忘れることのできないでしょう・・・
              想い出の日と成りました。

     第16回目の「雪あかりの路」楽しみに。。。
              また〜〜〜違った面も観察して見たいです。[手(チョキ)]

      ご訪問頂きまして有り難うございました〜(._.)オジギ[手(パー)][手(パー)][手(パー)]


     

nice!(63)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小樽雪あかりの路(4)「伊藤整」 [雑感]

     「小樽雪あかりの路」16日の続きになりますが・・・
     寒〜い1日は実りのある〜〜〜長い1日でした。

          札幌駅に13時・・・集合。年輪〜3人の旅です。
    
              「伊藤整」
     大正14年(1925年)小樽市中学校の英語の教師をしていた「伊藤整」は、

     小樽高等商業学校(現・小樽商大)在学中から書きためていた詩を、
             1冊の詩集として発行します。

     伊藤整21歳の12月、世の中に送り出した第1詩集の題が
             「雪明かりの路」でした。

     高村光太郎らの思いがけない激賞をうけたことに自信をえて、
        上京、本格的に文学に専念していきます。

        小説、翻訳、評論と活躍する昭和を代表する文学者、
               伊藤整の誕生でした。

     その「伊藤整」自身が生涯もっとも愛したのが、ほろ苦くも瑞々しい
        自らの青春をうたった「雪明かりの路」だったのです。
   

     あっちだ〜こっちだ〜と・・・隈無く歩いて・・・へとへとです。
     暖かいものを頂いてすっかり元気な私達。。。

     外は相変わらず吹雪いていました〜温まったので心は青空〜

     サンモール1番街を通り抜けて・・・小樽駅へと進みます。

     時間は刻々と過ぎて行きますが〜〜〜夜が苦手なので。。。

       そろそろ帰途への準備をしながら・・・
     DSCN5695.jpg
     お屋根があると云うだけで・・・極楽ですね〜〜〜(笑)
     DSCN5697.jpg
    地元の高校が・・・「北照高校」が〜〜〜実は???・・・母校!
        この高校卒業者が。。。(秘密)(*^^)v  (笑)

      おめでとうございます〜〜〜頑張って下さいね〜[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]
     DSCN5691.jpg
     この通りにも沢山の可愛い灯りが点っています・・・
     DSCN5692.jpg

     DSCN5693.jpg

     DSCN5696.jpg

     DSCN5701.jpg

     DSCN5559.jpg

     DSCN4732.jpg
     外に出た途端に雪でした〜〜〜 あっ!!!小樽駅です。。。
     DSCN5706.jpg

    良く歩きましたね1万300歩は、とうに超えました〜未だ未だ歩きます!。
     では次回は小樽駅をご紹介させて頂きます〜お宜しく。。。

     (・_・)(._.)長々と小樽に留まりました〜次回も〜σ(^^)[手(パー)][手(パー)][手(パー)]
     

     

nice!(63)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小樽雪あかりの路(3) [雑感]

     時々・・・強い吹雪〜  今日の天候〜 [雪][雪][雪][霧][霧][霧]
     身体の全てが凍結寸前です〜悲鳴が聞こえたのでしょうか〜〜〜

            ここらで〜ちょっと一休み・・・


     DSCN5606.jpg
     甘〜イ・・・濃い!・・・暖まる〜〜〜生き返る〜〜〜ウッフッフ
     DSCN5605.jpg
     心身共にホットな気分〜〜〜やっと生きた心地です[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]・・・
     DSCN5603.jpg

     DSCN5604.jpg
     もう1件。。。小樽で有名な「かま栄の蒲鉾」
     DSCN5609.jpg
     お店に入れば暖がとれる〜〜〜お土産も序でに買いましょう〜
     DSCN5611.jpg

     DSCN5610.jpg

     DSCN5612.jpg
     お店の中も〜〜〜美しい………
     DSCN5613.jpg
     お店は・・・駆け込み○○です〜〜〜(笑)チョコミルク^甘過ぎ………
     DSCN5615.jpg
     何でも暖かいものを〜〜放り込む・・・此が一番の速効〜です。
     DSCN5614.jpg
     ケーキを食べて・・・お土産も買って。。。満足!満足!〜
     DSCN5698.jpg
     外はご覧の通りの雪空〜〜〜
     DSCN5694.jpg

     また〜今度は???・・・はて?さて?・・・何処へ向かうのでしょう〜

     身体が温まりました〜 一気にまた坂道を今度は下りですか???
              下りは結構恐いです〜〜

       では〜この辺で・・・次回にさせて頂きとうございます〜[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]
          m(__)m アリガトォございました!(._.)オジギ

         長い一日です〜どうぞお楽しみ下さいませ〜[手(パー)][手(パー)][手(パー)]


nice!(61)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小樽雪あかりの路(2) [雑感]

       昨日の続きです〜〜〜(16日の事)
      2月8日(金)〜17日(日)で閉幕しました。
     DSCN5682.jpg
平成11年2月に市民有志により始まった「小樽雪あかりの路」  
   街並みを優しく照らす、幻想的なイベントです。

運河会場、手宮線会場をメーン会場に開催されています。

   小樽ロマンの漂う坂道を歩いて・・・北海道最古の鉄路「手宮線」跡

     DSCN5659.jpg
        この辺を戦前は「北のウオール街」と呼んだそうです。
     DSCN5684.jpg

     DSCN5685.jpg

     DSCN5686.jpg

     DSCN5687.jpg

     DSCN5688.jpg

     DSCN5680.jpg

     DSCN5681.jpg
小樽雪あかりの路
例年2月北海道小樽市で開催されている、雪と蝋燭の祭典で、
冬の北海道を代表するイベントです。

市民や地元商店街、町内会、企業、学校やボランテイアなどが
支えている。

期間中は歴史的な街並みの中に並べられた無数のキャンドルに
よって幻想的な雰囲気が演出され人気が定着しつつある。

近年は、50万人前後の来場者を記録している。

       次回も登場致します〜
            どうぞ・・・お宜しく。。。(._.)オジギ[手(パー)][手(パー)][手(パー)]
     

nice!(47)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。